wpmaster のすべての投稿

それって変装のつもり

わが家の門や塀に犬のオシッコをかけさせる人間に対して、その行為を抑制させるために防犯カメラなるんものを取り付けました。
取り付けるときに家族は反対していました。
それは相手を挑発してさらに事態が悪化するということからです。
ですが、家族の心配にした方向にはいかず、門や塀に犬のオシッコがかけられるということが減ってきました。

しかし、完全にかけられなくなったというわけではなく、まだ一部の心ない人間によってオシッコ攻撃は続けられていました。
ある日庭で植木の手入れをしていて、ふと見ると庭の花壇にオシッコらしきものがされた跡があります。
一部の心ない人間にとっては大したことではないのでしょうが、花を手入れするこちらにとっては大迷惑なのです。

花の手入れや花壇の雑草などを抜くときに、犬のオシッコに触らなくてはいけなくなるのです。
自分のところで飼っている犬のものならいざしらず、なぜ他人の飼っている犬のオシッコに触れなければいけないのでしょう。

しかも、自分の敷地内でのことなのです。
手袋などをすればよいと言う人もいるかもしれませんが、どうしてそのようなことをやられている側が気を使ってしなければいけないのでしょうか。
ある日防犯カメラにひとりの男が庭の花壇にオシッコをさせている映像が映っていました。

数日経ってその人間が通るときに大きな声で、防犯カメラが録画をしているのによく平気で他人の家の庭にオシッコをかけさせる馬鹿な男がいるものだ。
今度やったらしかるべきところに通報すると言いました。
その男は逃げるように走って家の前を通過していき、その翌日には顔に対して大きなサングラスをかけ犬を連れて歩いていました。

http://www.imitrexbenefits.net/

きっと防犯カメラの映像が自分であることがわからなくなるとも思っているのでしょう。
その姿を見て、その程度の考え方しかできない浅はかな人間だから人の庭に侵入してオシッコをさせても何とも感じないのだと悟りました。
でも、間抜けな変装をして街を歩いて、その家族は何とも思わないのでしょうかね。

3251

その風景が、大切です

テレビで、18歳の選挙権について、討論されていましたが、すごく不思議でした。
若者がというか、意識の高い若者の皆さんが、討論されていました。
皆さん、きちんと自分の意見をはなされていて、学力の高さを感じました。
お勉強していない人は、こうは話すことはできませんから。

教育水準が上がっている証拠です。
それとも家庭環境でしょうか。
戦前生まれの祖父母に育てられて、日本の貧しい昭和を敷いてる親は、そこまで外れたことを子供に伝えなかったのでしょう。
子供たちは、学ぶこと体を動かすこと、当たり前に仕事をして社会人として生きるとこと、家族から伝えられているのだと思います。

日本はよくなりました。
少し前の子供、つまり、30代の人には、話せないと思います。
当時、しゃべり場というものがありましたが、こんなに、急にチョイスしてもいいお話はなかったと思います。

http://www.supercopylouisvuittonbags.com/

ただ、選挙権ができるなら、もっと、前から、啓もうするべきだと長いことはなされていましたが、そこまで、選挙権は大事ですか。
というか、選挙って、参加することにいぎがあり、若者がこぞって、選挙縫いく風景が大事なのです。
その映像で、若者のための政治が、始まるということです。

3234

朝ごはんを食べない娘

俗にいうイヤイヤ期なんでしょうか。
2歳になる娘が朝ごはんを食べたがりません。
白米もパンもダメで、うどんは好きなのですが朝は気分によって食べなかったりします。
仕方ないので片付けるとしばらくすると食べたがって、しかもおやつのある場所に手を引っ張られて要求されます。

確かに甘い方が好きなのはわかりますがそれでは健康上よくありませんよね。
毎日毎日その繰り返しでいい加減イラッとくることもあります。
最近はケチャップで味を付けたチャーハンにはまっていたのでご飯に少しだけケチャップをかけたりもしています。

それはそれでケチャップだけを食べてもっともっとと要求してきます。
かといって混ぜて食べさせるともういらないと言われます。
幸いなことにお味噌汁だけは食べてくれるのでとりあえずお味噌汁を具だくさんにして食べてもらいます。

http://wig.mitsu-nari.com/

そのあとはご飯をおにぎりにして日中のおやつ代わりにするようにしました。
朝ごはんの中でのおにぎりは食べないのに、それ以外の時間のおにぎりは食べてくれるので娘の食べたいタイミングがよくわかりません。
これも一時的なものなんでしょう。
そのうちきちんとご飯を食べてくれるものだとわかっていても頭を悩まされますね。

3069

バスの運転手さんでもエンストする

昨日の朝は気持ちの良い朝日が差し込むような天気でしたが、午後になってからしっかりとした雨が降り始めるという予報でした。
帰りに雨に降られることを考えると自転車で駅に向かうのもはばかられたので、家の近くの停留所からバスに乗りました。
最近は穏やかな天気が続いていたので、なんだかずいぶんと久しぶりにバスに乗ったような気がします。

家の近くの停留所からのバス路線は、途中で狭い道を通ったりするので、けっこう運転にするのが大変なのではないかと思います。
運転手さんは色々な方がいると思うのですが、どの運転手さんもベテランという風情が漂っています。
運転の仕方や車内アナウンスを聞いていても、何年もこの路線を運転しているんじゃないかと思ってしまいます。

そんな慣れた運転手さんでも、たまには気を抜いてしまうような瞬間があるみたいです。
というのも、昨日は信号待ちから発信する時に、車内が大きく揺れてエンストしてしまいました。
危なげなくまた走り出しましたが、やっぱりこういうことも毎日運転している中ではきっとあるのでしょう。

http://www.allstardctours.com/

自家用車に限れば最近ではほぼほぼオートマ車で、最近ではタクシーもあまりマニュアルの車は見かけないようになってきました。
いまだに大型の車ではマニュアル車というのが多いようですが、やっぱりマニュアル車にエンストはつきものなのでしょう。
弘法も筆の誤りではありませんが、どんなベテランさんでも取り扱いが難しいのかなというのを垣間見た気がします。

2919

自動ドアからも垣間見える、日本人の気質

もはや常識になりつつあるタクシーの自動開閉ドア。
実はあれ、日本発祥だと知っていましたか?
その証拠に海外のタクシーは、ほとんどが手動で開けるタイプです。
タクシーの自動ドアはどのような経緯で生まれたのでしょう。

自動ドアが発明された直接的な理由は意外なものでした。
半世紀ほど前、タクシーの車種が小型車から中型のセダンに変わり始めると、運転席から手を伸ばして後ろのドアを閉めることができなくなりました。
この問題を解決するために開発されたのが、自動ドアです。
自動で開閉する仕組みは、運転席の足元にあるレバー(今はスイッチもある)を引くと、左の後部座席のドアにつながっている金属棒が連動して動くことで扉が開きます。
閉めるときはレバーを戻します。
東京オリンピックの際に、東京のタクシー会社がこぞって導入し、全国に広がっていきました。

http://www.aumentopeniano2013.org/

自動ドアの開発プロジェクトは難航したといいます。
なぜそこまで大変な思いをして開発したのでしょう?
私は日本人の決して諦めない勤勉なものづくり精神が深く関係していると思います。
当時は高度成長期。
どうにかして良いものを、人の役に立つものを作りたかったのでしょう。
それが、世界に誇るおもてなし文化の醸成にも一役買っているはずです。

2724

厳しい自然の中で生きる

夜中の2時くらいにかなり強い風が吹きました。
おそらく1時間はその状態が続いたと思います。

風の音で目が覚め、眠れなくなってしまいました。
実際は半分寝ていた状態だったかもしれません。

結局予定の時刻よりも1時間半も遅く起きてしまいました。
夜中に強風が来ることはわかっていたのですが、かなり強い風でした。

冬が近づいてくると今回のような雨風が吹きます。
さらに霰も降り、寒さと暗さと怖さを感じてしまいます。

風の音は音楽でいうと不協和音になるのかもしれません。
時にはおどろおどろしい音に聞こえてしまうことがあります。

もし、森の奥深い場所に一人で生活していたら、このような強い雨風の日は怖くて仕方がないかもしれません。
大昔の人は家もなく、洞窟やほら穴のような場所で生活して、このような悪天候を経験してきたのだと思うと、そのたくましさを見習わなければと思ってしまいます。

http://betathomezaklady.com/

昔の生活は見習うべきところもたくさんありますが、無理をしていたことも多かったのだろうと思います。
寿命が延びてきているのは医療の進歩や生活改善が行われてきたからだと思います。
いいとこ取りですが、昔の良い部分と文明が進んだ今の良い部分を上手く活かして生活していきたいと思います。

2555

居心地のよい部屋を目指す

外出先から家に戻ったとき、家の中が散らかっていると何となく嫌な気分になります。
ですが子ども2人との暮らしの中では片付けても直ぐに散らかる毎日、せめて帰宅したときにげんなりしない部屋にしたいと思います。
最初に片付いた居心地のよい状態をキープするために約束事を決めました。
子どもとの約束は「床に物を置かない」です。

使い終わったおもちゃや本は床になければ取り敢えずセーフにして、床にあったものは「捨てるよ」と言っています。
これらの物がないだけで掃除がやりやすくなりますし、ぱっと見たときに「散らかった印象」は格段に減ります。
ただ、棚や机の上がごちゃごちゃしてしまうので、よく遊ぶおもちゃはざっくりと大きなバケツなどに入れる等簡単に出し入れができるようにします。
1日1回のお片づけタイムで子ども部屋はリセットできるようになりました。

http://www.getnexium.com/

私や主人、大人の約束は「カウンターとダイニングテーブルには物を置かない」です。
カウンター等の人間の腰辺りの高さはとても物が置きやすいので、ついつい鍵や小物、手紙などを「取り敢えず置き」してしまいます。
そしてこれが曲者で一度置くとそのままになってしまう確率が高いので、置きたい気持ちを我慢してカウンターとダイニングは何もない状態を保ちます。
これで少しは散らかりは防げるのですが、片付いたとなるとまだまだ。
今後は家族皆が「探し物がなくなる」部屋を目指して収納を見直したいです。

2555

新学期のスタート

新学期が始まると、朝の準備などはバタバタしますが、日中は静かになるし、
親としては早く学校や幼稚園は始まってほしいものです。

しかし、未就学児の兄弟がいると、上の子の新学期が少し残念に感じてしまったりします。
休み中は朝から兄弟でわいわい遊んでくれていたので、
私が子供たちにあまりかまわなくてよかったのですが、休みが終わり下の子のかまって攻撃が始まりました。

幼稚園へ行ったばかりの上の子の帰りを今か今かと待つ下の子が面白いしかわいいですが、
少しかわいそうにも思えてきて、兄弟の大切さを本人たちなりにも感じているのだと思いました。

一方、上の子は一回りたくましくなったように感じます。
休みで毎日見ていたはずなのに、久々に園服を着るととてもしっかりした顔つきになっているのです。
きちんと新学期なんだと気持ちを切り替え、てきぱきと準備をする姿に、
大きな成長とたくましさと、少し寂しさも感じたりします。

http://www.michaelkorsit.com/

幼稚園も年中、年長になると行かされているという感覚は消えてきて、
いくものなんだと自発的に行くようになってきます。
そうした意識の違いが出てくると、生き生きと幼稚園へ行ってくれるようになり、
親も楽しんで幼稚園生活を見守ることができます。

また今学期でどんな成長をしてくれるのか楽しみです。

2551

幸せな味オンチ

自分で言うのも何だが、比較的味オンチだったりする。
安いもの、高級なものを食べても割と何でも「美味しい」と感じられる幸せな味オンチだ。

グルメだ何だと騒ぎ、素人レビュアーがゴマンといて様々な店を食べ歩き、評論をネット上に載せる。
参考になるものもたくさんあり、何よりも楽しんで食べて書いておられる文章は、読んでいても楽しいと思う。

しかし、時に自分の口に合わなかったというだけで必要以上に酷評して適正さに欠ける文章をみかけると、ガッカリする。
勿論、口に合わなかったことを伝えるのが悪いというわけではない。
そういった情報を知りたいという需要もあるだろうし、何でも美味しいと偽る必要もないとも思う。
が、何かが気に入らなくて冷静さを捨てて書きなぐった文章は、何千軒食べ歩いた食通の人が書いていても読む気が失せる。
たぶん、そういう文章を書かれる方は「食通」ではなく「食通ぶっている」だけだと思うが…。
まあ、そんなこと味オンチには言われたくないですよね(笑)、すみません。

http://www.nfl-ok.com/

食の旨いマズイがわからないというのは、品質の良さや調理の手間暇や技術を正当に評価できないという意味で残念な舌であるということには違いない。
が、自分は幸せな味オンチで、良かったと思う。

2378

2分の1成人式

この言葉を最初聞いたとき、何の事か全くわかりませんでした。
2分の1成人式?耳慣れない言葉ですよね。
ニュースを見て知ったのですが、10歳を節目として祝うイベントだそうです。

そういえば、最近NHKのみんなの歌でも半分大人という歌詞を耳にしたなと思い出しました。
10歳で何を祝うのでしょうか・・・素朴な疑問です。
10歳が何の節目なんでしょうか・・・気になります。

国語の教科書に取り上げられたのがきっかけだそうです。
感動させるためだったり、親に感謝しなさいというだけのイベントなのでしょうか?
もしそうであれば、学校単位で行われる行事なのかも疑問です。

http://kibanteam.com/link/life.html

子育てをしている身としては、10歳に限らずいろんな場面で節目というものはあります。
毎年の誕生日だってそうですし、入学や卒業だって節目です。
その節目のたびに楽しかった事や辛かった事を思い出したり、いろんな人に感謝するきっかけが生まれるのではないかと思っています。

そして、感謝を強制するのではなく子どもと一緒に周りの人に感謝することが大切なんじゃないかなと考えています。
子どもに感謝してほしいと思った事はありませんが、何事にも感謝する事が大切だと教えるのはまず家庭の中からだと思っています。
ですので、小さい時期の教育では「ありがとうを言いなさい」などと教える事は大切ですが、10歳にもなって「親に感謝しなさい」という教育が実施されているのはどうかと思います。
10歳を祝うイベントに反対ではありませんが、子どもが自分の将来のことをしっかり考えられるイベントであってほしいと私は思いました。

seijin

時間が吹き飛ぶ凝り性気質

画像ファイル。
それはいつの間にか大量に溜まっているものです。
ネット上で見つけた様々な面白いネタ画像や、綺麗なCG、風景写真やタレントの写真。

そしてデジカメで撮った膨大な数の写真。
溜めたのはいいけれど、ただPCのハードディスクに雑然と保存したままにしていると、どこにどんなものがあるのか分からなくなってしまいます。
だからこそ、綺麗にフォルダ分けをするのです。

私の場合、一度picasaというソフトを使ってタグ付け整理という方法を採ろうとしたこともありましたが、あまりにも手間が掛かり過ぎるということで、結局フォルダ分けに戻ってきました。
顔認識という機能がついていたため、友人や同僚その他知人の膨大な顔を一人一人名前をつけていくという作業をしているうちに嫌になってしまったのです。

http://today-phentermine.com/

そして、今では休日などの開いた時間を使ってちまちまとフォルダ分けをしています。
ただ、画像を確認していると、一つ一つが気になってしまって仕方ありません。
私は撮った写真を加工して壁紙にすることもよくあるのですが、良い写真を見かけると、ついついフォトレタッチを始めてしまいます。

レベル補正し、コントラストと色相を調整し、使える部分を切り抜いたら一旦保存して画像縮小用の別のソフトで綺麗に縮小し…と、なんだかんだで結構な時間を使ってしまいます。
気がつけば、たいして整理が進まないまませっかく作った時間が無くなっているというパターンです。
ま、楽しいからいいんですけどね。

1497